GCP®の研究Perilla Extract

GCPの研究

GCP®はゲニステイン高含有多糖体の意味があり、
ゲニステインとキノコの多糖体による複合的な作用を期待した素材です。

ゲニステインは抗腫瘍作用が強いことが明らかとなっており、これまでに分かっている効果として新生血管抑制作用、ガン細胞増殖抑制作用、担ガンモデル腫瘍縮小作用などが確認されています。

ゲニステインで示されている主な効果

  • 更年期症状の緩和
  • 骨粗鬆症予防
  • コラーゲン産生作用
  • 抗メタボ作用

イソフラボンとは

イソフラボンとは

イソフラボンには、配糖体(グリコシド型)と非配糖体(アグリコン型)という二つの形があります。大豆に含まれるイソフラボンの多くは、糖と結合した配糖体(グリコシド型)ですが、GCP®にはあ糖を切り離して体に吸収されやすくなった非配糖体(アグリコン型)イソフラボンであるゲニステインが含まれます。

そもそもイソフラボンは、ポリフェノールの一種でフラボノイドとよばれる構造を持つ成分。大豆などマメ科の植物に多く含まれています。イソフラボンには、女性ホルモン(エストロゲン)を助ける働きがあるため、加齢に伴う女性ホルモンの減少によって引き起こされる更年期症状を緩和したり、骨粗鬆症などを予防する効果があります。

GCP®の吸収性試験

被験者8名にGCP®または大豆抽出物を摂取してもらい、その後、採血し血中のゲニステイン濃度を測定したところ、GCP®は大豆抽出物と比較して約5倍の吸収性があることがわかりました。

GCP®の吸収性試験

機能性食品に関するお問い合わせ質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ 0120-022-776電話でのお問い合わせ 0120-022-776

営業時間9:00~18:00(土・日・祝は定休日)