ETAS®の誕生

ETASの誕生

ストレスによる刺激がなくても、
HSPのはたらきを上げる機能性素材はないか︖

温泉での湯治や蒸気浴、サウナ浴など、熱による癒しは古来の智慧です。体に⾼温の刺激を与えることで、体の中の「細胞の修復屋さん」と呼ばれるヒートショックプロテイン(HSP)のはたらきを促すと いう、⾮常に理にかなった⼿段でした。

そこで、⾷品を摂ることで⼿軽にHSPを上げ、温泉に浸かったような効果が得られる⽅法と機能性素材を求め、研究が始まりました。

新たな活性素材の発見

ヒートショックプロテイン(HSP)を誘導する⾷品を開発するにあたり、北海道産農作物の未利用資源を中心にスクリーニングしました。

その過程で、アスパラガスの茎を独⾃の製法で処理した抽出液に、HSP70の発現を誘導する強い活性があることを突き⽌めました。

さらに動物やヒトにこの抽出液を経⼝投与したところ、⾎中HSPレベルが増加していることが確認されました。 こうしてETASは体内のHSP70の発現を誘導する新しい機能性⾷品として誕生しました。

参考文献:日本農芸化学会2012 学会大会発表「熱ショックタンパク質誘導活性を有する新規化合物の単離及び構造決定」

機能性食品に関するお問い合わせ質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ 0120-022-776電話でのお問い合わせ 0120-022-776

営業時間8:45~17:30(土・日・祝は定休日)

メールでのお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ