AHCCの成分研究AHCC Component

AHCCの成分研究

活性化した多糖類の関連化合物

AHCC®は、「Active(活性化) Hexose(多糖類) Correlated (関連)Compound(化合物)」の頭文字を取ったもので、多糖類が有効成分になっています。
AHCC®成分の全体量の約半分は糖質が占めています。糖質といっても、ブドウ糖や砂糖のような、いわゆる単糖類や二糖類ではなく、多糖類はオリゴ糖やデンプンなどの多くの糖分子が結合した成分のことです。
多糖類には、様々な種類があり、体に対するはたらきもそれぞれ異なります。

AHCC®には、キノコ由来健康食品の多くに含まれるβ-グルカンという多糖類のほか、特徴的なα-グルカンという成分も含まれています。

AHCC®に使われているキノコは?

キノコというと森に生えている植物の一種だと思っている人も多いでしょう。しかし、実はキノコは植物界でも動物界でもない「菌界」に属しています。さらに私たちが食している部分(子実体)は繁殖器官でしかなく、生物としての本体は、土中や木質などの培地に広がって存在している根の部分にあり、それを菌糸体と呼びます。

AHCC®は、キノコの中でもシイタケの菌糸体を培養して作られます。

菌糸体とは?

AHCC®に含まれるα-グルカン

AHCC®に含まれるα-グルカンは、α-1,4グルカンと呼ばれる特殊なグルカンであり、通常、キノコの成分にはほとんど存在していないことから、AHCC®独自の成分であると考えられています。

アシル化 α(アルファ)-1,4グルカンとは

機能性食品に関するお問い合わせ質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ 0120-022-776電話でのお問い合わせ 0120-022-776

営業時間9:00~18:00(土・日・祝は定休日)