AHCCの誕生AHCC Birth

AHCCの誕生

“自然(大地)の恵みで世界の人々を笑顔にする”
という思いから研究がスタート

大地の作物の健やかな生育を促す「アミノアップ」の開発から数年が経ち、今度は自然の恵みで人間の健康に役に立つものを開発しよう、という思いで研究が始まりました。
「アミノアップ」の研究開発で養われた培養や発酵の技術をベースに、キノコの液体培養を開始。どのキノコを使えば良いものができるのか、数々のキノコを徹底的に探索する研究が行われました。
研究の結果たどりついたキノコを、独自の技術で培養することで誕生した新規物質が「AHCC」です。

世界30か国以上で愛用、25年以上のベストセラー

1986年、当時まだ健康食品の研究がほとんどない時代、健康に役立つ食品として注目され研究が始まり1990年に製品として発売されました。それから25年以上経った今なお、世界中の大学や医療機関で研究されており、信頼できる製品として愛用され続けています。

AHCCの歴史

1986年 人の健康に役立つものとして「AHCC」の研究が始まる。
1989年 担子菌培養抽出物「AHCC」を製品化・発売。
1997年 AHCC研究会を発足
2002年 全米ニュートラコン賞受賞
2003年 健康食品の医学書「AHCC基礎と臨床」を発刊
2004年 経済産業大臣賞受賞
2007年 全米静脈経腸栄養学会(ASPEN)学会賞受賞
2010年 書籍「AHCCのすべてがわかる本」発刊
2017年 健康食品の医学書「AHCC臨床ガイドブック」を発刊

機能性食品に関するお問い合わせ質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ 0120-022-776電話でのお問い合わせ 0120-022-776

営業時間9:00~18:00(土・日・祝は定休日)