地中熱の利用Environment activity

地中熱の利用

地中熱を利用した2つのシステムが
省エネルギーで地球にやさしく、
CO2削減につながっています

アミノアップ化学本社のエコハウス棟の冷暖房には、地中熱を利用した2つのシステムがくまれています。
気象条件の厳しい北海道で年間を通して10℃から12℃程度に安定した温度の地中から採熱し空調に活用しています。

地中熱ヒートポンプ

地中熱ヒートポンプ

地中の安定した温度を利用して、エントランスホールの床冷暖房やロードヒーティングに用いています。地中熱は、年中温度が一定であるため冬には温かく夏は冷たい。この温度差を利用して、効率的に熱エネルギーの利用を行っています。
地中熱ヒートポンプは、地中から熱を取り出すために地中熱交換器内に流体を循環させ、汲み上げた熱をヒートポンプで必要な温度領域の熱に変換するシステム。自然エネルギーのため、環境にやさしく、CO2の排出量やランニングコストも抑えた設備です。

クール&ヒートトレンチ

クール&ヒートトレンチ

地中熱を利用した、地中熱空調システムです。
直径90cm長さ40mの大きなチューブを地下に設置。
取り込んだ外気を地中にある大きなチューブを通すことで、地中熱を吸収し夏は冷却、冬は暖められた外気がエコハウス棟へと供給されます。

クール&ヒートトレンチ

環境活動に関するお問い合わせ質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ 0120-022-776電話でのお問い合わせ 0120-022-776

営業時間9:00~18:00(土・日・祝は定休日)