株式会社アミノアップ化学 Amino Up Chemical

シソエキスPerilla Extract

シソエキスは北海道の契約農家で減農薬栽培された青ジソの葉を原料とした天然抗アレルギー物質です。

シソエキスとは

シソは古くから、漢方、民間薬として用いられており、抗菌作用や喘息の症状を緩和する作用が知られておりました。
アミノアップ化学ではこのシソの葉の抗アレルギー効果に着目し、帝京大学薬学部との共同でこの素材を開発いたしました。
シソエキスは過剰になった免疫機構のバランスを整える作用があります。

シソエキスはTNF(Tumor Necrosis Factor:腫瘍壊死因子)という物質の産生を抑制して免疫系を調節し、アトピーなどのアレルギーや炎症を鎮めるはたらきがあります。TNFは生体にとって欠くことのできない物質ですがTNFの持続的かつ過剰な産生は生体に組織障害や炎症といったさまざまな障害を及ぼすのです。シソエキスはこの過剰に産生されたTNFを抑え正常な状態に戻します。また、常用しても副作用などの心配はありません。

マクロファージからのTNF生産抑制作用

製造方法

北海道の農家と契約して減農薬栽培された青シソから、乾燥→粉砕→抽出の工程を経て抗アレルギー活性の高いエキスを得ることが出来ます。
シソエキスは、シソ独特の香り成分であるペリルアルデヒド類を除去しており、シソ特有の芳香がほとんどない素材として皆様にご提供させていただいております。

成分

シソエキスには抗アレルギー作用のある有効成分として、ルテオリン、アピゲニンなどのフラボノイド配糖体やロスマリン酸などが含まれております。
また、接触性皮膚炎(かぶれ)の原因となるペリルアルデヒド及びぺリラケトンは除去しております。
また、原料の葉、製品中に残留農薬は検出されておりません。

シソエキスに含まれる有効成分

安全性

植物としてのシソは減農薬栽培の青シソを原料としており、その食経験からも安全性の高い食品です。
シソエキスそのものについても、マウス急性毒性試験、30日間マウス反復投与毒性試験などにより、安全性が確認されています。

シソの葉は古くから食用に供されており、その長い食経験から安全であることが確認されています。安全性試験ではシソエキスに毒性は認められていません。当社のシソエキスは減農薬栽培で特に収穫直前には農薬散布を行わないので、収穫時のシソの葉には農薬はほとんど残留していません。
さらに、原料入荷時に残留農薬検査を行うなど品質管理を徹底しており、シソエキスには残留農薬や重金属は一切検出されません。

シソの葉エキスの成分規格値(100gあたり)

性状 赤褐色の透明液体
わずかに特異な味と香り
pH 4.5~8.5
比重 0.970~1.010
乾燥残分 0.45~0.75g
水分 99.2~99.5g
タンパク質 0.3g以下
脂質 0.00g
炭水化物 0.3~0.6g
灰分 0.2g以下
ナトリウム 80mg以下